この英語、分かります?
 ã€€       
 What are you here for?
        射水市が「窓口対応」で初の研修会
  
  自治体の窓口に、各種手続きのため訪れる外国人が増えているそうだ。射水市役所は、それらの外国人への対応として、市職員を対象に初めての「英語教室」を開いた。講師は米国出身の国際交流員。
  その様子が地元紙に載っていたが、窓口での”慣用語”として「What are you here for?」という一文が紹介してあった。担当の職員によると「どんなご用ですか」という意味だそうである。
 
     May I …のシンプル英語でいいのでは
  
  えっ、こんな難しい言い方をするの? しかも、舌を噛みそうな発音である。
  この文を「google 翻訳」で調べると「あなたは、なんのためにここにいるの」と、まさに直訳である。これでは相手に失礼極まりない。「英辞郎」という辞典では「該当件数0」である。
  中学や高校の英語で「May(Can) I help you?」(何かお手伝いしますか)という文を習った人は多い。名前を聞くときは「May I ask you?」である。このようなシンプルなものではだめなのかどうか。窓口に来る外国人は、英語が単語しか分からない人も多いと思う。
  市の担当者は、「まだ、模索段階。使いやすい英文を見つけていきたい」と言っている。
  
  「お早うございます。歌のない歌謡曲の時間です」。ー女性アナウンサーの軽やかな声とともに毎朝7時45分、KNBラジオのこの番組は始まる。月曜ー金曜朝の15分間で、いわば“清涼剤”の存在。担当アナは陸田陽子さん、ベテランだ。
  オープニングテーマは、サラ・ブライトマンの「Shall be done」。さすがに「明るいナショナル」よりは“ハイカラ”だ。ちなみに「明るいー」は三木鶏郎の作詞・作曲。その後、ドリカムの歌も使われた。
  「歌のない歌謡曲」(通称、「歌なし歌謡曲」)は、アナウンサーのトークと4つの曲、それに単独スポンサーであるパナソニックの商品のコマーシヤルで構成される、いわばラジオ局とスポンサーの“合作”。
  トークは、スポンサーが提供する資料をもとにアナウンサーが組み立てたり、アナウンサーの取材による、ちょっとした話題が盛り込まれる。
  「冨山のます寿司は駅弁が有名ですが、市内には12軒もの製造・販売業者があり、それぞれ味でも競っています」(要旨)といった話も出る。

       「歌謡曲」にこだわらない?

  商品名もストレートには出さない。「靴下のにおいが気になる時があります。そんなときは、手ごろな脱臭機はいかがでしょう」と言って、商品名をさりげなく出す。
  番組のタイトルは「歌のない“歌謡曲”」だが、「歌謡曲があまりないのでは」と思うリスナーは多いはず。「もっともです。曲選びはラジオ局やアナウンサーに任せていますが、時代の流れや若い人が聴いていることを考えれば、新しい歌が多くなるでしょう」(パナソニック広報部)。↗
 
 
  「こたつの売り上げは横ばいから、やや減少というところ。しかし、品質が良くなり、その分、値も上がりぎみ。家庭の規模にも対応している」ー。富山市北部の大型家具店の話だ。
  一般的な座卓は、少人数の若い人向き。お年寄りにはちょっと「足高」のものが向くとか。よっこらしょっと立ち上がる時に、あまりしんどくないないからだ。家族ぐるみの「食卓兼用」には「やや足の高いもの」が人気だ。
  こたつは東南アジアなどからも輸入されていて、中国、マレーシヤ産で3万円前後が一般的。評判がよく、どっしりしているのは日本製。上等な国産の木を使ったタイプのものは、本体と天板合わせて8万円、ほかに、ふとんが2万円もするが結構売れている。大きさは150cmX150cm。

       居酒屋で人気の「掘りごたつ」
 
 
  紅一点  「クルマユリ」 撮影・菊川茂さん 
  新潟県の「除雪アイディアコンテスト」
17年産米の主な「特A」銘柄 





















































































KNBなど37局 スポンサーと”合作”
 「明るいナショナル、明るいナショナル…」
”福島を知って下さい、食べて下さい、来て下さい”

    復興庁制作の「風評化払拭CM」
 
  
冨山の民放3局だけ放送せず
 
 
  東日本大震災と原発事故から8年。復興庁は、まだ目立つ風評被害を払拭するため、今回初めてのテレビ向けCM(動画)
=右の写真=を制作。2月9日から15日まで、全国のほとんどの民放局で放映された。
 だが、同庁広報部によると、富山県内の民放3局だけは放送されなかったと言い、このことは、2月14日の北日本新聞も報道した。
  CMは長さ30秒。アニメや温泉地の写真などをバックに、こんなナレーションが流れる。
  「東日本大震災からもうすぐ8年、福島のいまを知っていますか。おいしい農産物や魅力ある観光地。たくさんの笑顔にあふれています。さらに未来に向けた取り組みも。知って下さい、食べて下さい、来て下さい。福島のいま、福島の未来」。
  このCMを放送しなかったことについて、北日本新聞の取材に対し、北日本放送は「まだ苦しんでいる人たちがいる中で、その感情に配慮した」と述べ、冨山テレビ、チューリップテレビもほぼ同様の考えを示している。同時に3局は「独自の判断による」としている。
  CMの背景写真やナレーションを見る限り、視聴者側からは、報道上、“配慮”が必要な部分は見当たらず、放送局側の「レベルの高い見地からの価値判断」と受け取られている。それにしても、ほぼ日本中で放送されたこの種の良心的なキャンペーンCMを、この地域だけの視聴者が目に出来なかったのは、困ったものだ。
  復興庁は、「3局に放送してもらえなかったのは残念。CMを見られなかった人は、当分、『政府インターネットテレビ』に載せているので見てほしい」と言っている。
(写真をクリックすると復興庁のHPにつながり。動画が再生されます)
マスコミ 勝手にモニター
どっこい68年 ラジオ最長寿番組
 
      
  
 
「富富富」、食味試験を“回避”  

  
 
  
 こたつ  お宅での存在感は?

  いかにも重たそうな屋根雪。それが自分の家ならなおのこと、早く下ろしてやりたいと思う。「38」や「56」豪雪を経験した人には、冬、その思いが強いはずだ。
  屋根に上ると、その広さと屋根にかかる重さを実感する。「積雪3mの場合、1m四方に相撲取りが9人乗っている」という話は昔からよく聞いた。
  今年も東北地方で、1人で屋根にに上った年寄りが転落死するケースが起きているが、過去には富山でも、雪の事故が頻発した。いま、家を守るのは高齢者で、最近の小雪はある意味でラッキーだ。         X  X  X  X X X X X
  昨年、新潟県は、1回限りで「除雪アイディアコンテスト」を計画、県内外の学生や一般、自治体職員、企業などから広くアイディアを募集した。
  ポイントは、1.除雪作業の安全性が向上するか。2.除雪作業が省力化するか。3.除雪作業にかかる費用が低コスト化するか。4..近い将来に実用化の見込みがあるか、の4つ。かなりハイレベルだ。
  “発明品”はぞくぞく集まり、県が予想した以上の44件に。これを
国立雪氷防災研究センター長や長岡技術科学大学大学院教授ら防災のエキスパート6人が審査し、最優秀1点、優秀3点を決めた。
  最優秀は坂井秋雄さん(62、燕市)。鐵工の仕事をしているという。
  構造は図の通りシンプルで、雪の積もった屋根のトップを背にして「雪鍬」の柄を持ち、柄をを手前に引くことで四角い枠の中に雪が入り、前方の長い“ふんどし”(下帯とも言う)状のものの上を滑り落ちる。
  この部分のアイディアは、立山ケーブルの除雪作業の人海作戦で、作業員がスコップの雪を「トイ」に流す、あれに似ている。

        材質を何に?ただいま試作中

  坂井さんはいま試作中で、特に“ふんどし”の材質を何にするか思案中という。また、どの程度の雪質に効果があるか、これからの課題もある。 
  なお、最優秀の西川さんには知事賞の3万円が、昨年11月の表彰式で贈られた。、
  立山・弥陀ヶ原 
↘
  リスナーには、曲が多分に短いのも気になる。同時にコマーシャルの部分が長く感じられる時もある。それによって番組のパワーが落ちてはいけない。「その点でも、常に工夫しているつもりです」と広報の人は言う。
  番組がスタートしたのは51年秋、現在の毎日放送からだ。KNBは翌年夏の開始。“放送権”は、KNBのように、その県で最初に誕生したAMラジオ局1局だけに与えられている。
  現在、ネット局は37で、ほぼ全国をカバーしている。放送時間帯は、、早い所が朝6時15分から。その後、各局が順々に放送を始め、KNBや福井放送など10局近くが”最終の”7時45分からだ。正味15分間で、多くの局は、自社が制作する録音で、「キー局」というものはない。担当アナウンサーはほとんどの局が女性だ。
  ちなみに、ラジオの長寿番組は「歌なし歌謡曲」をダントツとして、「ほかに、「オールナイトニッポン」(ニッポン放送、50年)、「永六輔の誰かとどこかで」(TBS、47年)、「秋山ちえ子の談話室」(同、46年)などがある。
 
     アナとリスナーのためにフェースブック開設

  最近、この番組のフェースブックができた。
  担当のアナウンサーがラフに思いを書き込んだり、番組への意気込みを書いたりしている。時に、リスナーも感想を寄せてくる。

  ある局の担当アナウンサーは、「リスナーから、『あなたの選曲、ドンピシャ世代です』とのメッセージをいただいた。偏りのないよう、若い世代の曲もかけなくてはと反省しています。番組では、暮らしに役立つ情報をこれからも発信していきたいと思っています」とメッセージを寄せている。
          (この記事は、パナソニック広報部の協力を受けました)

  
 

  読者から頂いた感想です

   「特A」期待されたが…   

      主力3品種の「コシヒカリ」、「てんた
     かく」、「てんこもり」はいずれも「A」

  
  10年近くかけて開発された、富山県の「富富富」は、各地で開くイベントで、「美味しい」の言葉を浴び続けた。そのせいもあって、今年の作付け面積も昨年の倍の1000㌶を超えた。
  その「美味しさ」の“構成要件”のひとつとなるのが日本穀物検定協会の「食味試験」(食味ランキング)。毎年2月に前年の産米で同試験にエントリーした米の銘柄を「官能」、「分析」の2点からテストしている。この試験を18年産米の「富富富」がエントリーを見送ったことが分かった。
  2月18日に、このことを北日本新聞が報じ、その理由について「栽培技術が確立されておらず、特Aを獲得できない」と判断した、“戦略的な見送り”と見ている。
  筆者は昨年、「食味ランキング」の歴史が長く権威のあることを知り、このHPで紹介。県の担当課から、「富富富」が18年産米試験に参加すると聞いた。それが“回避”である。
  
         東北、新潟に多い「特A」
        食味ランキング、元年から公表

  食味ランキングは昭和年代から行われており、公表が始まったのは平成元年(89年)から。食味試験は、2つの部門があり、「官能」は専門の食味評価のエキスパート20人が、基準米と試験対象米とを比較評価する。「分析」は、遺伝子組み換え、残留農薬、重金属、鮮度など14項目についてチェックする。
  17年産米の「特A」は全国で43銘柄、「A」は76銘柄.。富山県のコシヒカリ、てんたかく、てんこもりの主力3品種はいずれも「A」だった。新潟では上越、下越、佐渡の各コシヒカリが、福井では、コシヒカリ、華越前、あきさかりの3つが「特A」にランクされている。このほか、“常連”の「ゆめぴりか」(北海道)、「あきたこまち」(秋田)、「ひとめぼれ」(宮城)、「森のくまさん」(熊本)などがある。
  18年産米の食味試験を見送った「富富富」は、次回も回避するというわけにはいかず、「特A」獲得という重い責任を負ったことになる。
 

  

 

 

マスコミ 勝手にモニター
 
           最近の言葉から

  「今まで教科書は読めて当たり前で、その前提で授業を進めていた。教科書が読めていないという事実は、衝撃的だった」(「AI vs.教科書が読めない子どもたち」の著者、新井紀子さん=教育のための科学研究所代表理事)

  「2007年、自民党は参院選で敗北、悪夢のような民主党政権が誕生した」(2月12日の自民党大会で、安倍首相)。
  「民主党は歴代自民党政権の重荷を背負いながら政権運営をやってきた。首相のあんな発言は出るはずがない」(要旨、12日の衆院予算委で岡田元民主党副総理)。これって、“水掛け論”では。
 ã€€ã€Œæ˜Žã‚‹ã„ナショナル、明るいナショナル…」。こんな歌をご存じだろうか。テレビが普及していない1950年代。朝食の後片付けが終わったころ、この歌が多くの民家から流れた。当時の家電メーカーの大手「ナショナル」がほぼ全国の民放ラジオに単独提供した「歌のない歌謡曲」のテーマソングだ。
  放送開始から68年たつ民放ラジオの最長寿番組。KNB(北日本放送)は当初から参加し、ネット局はいま37にも。

マスコミ 勝手にモニター
マスコミ 勝手にモニター
  「7割の人たちが『こたつ』はいまや不用品と思っている」ー。大手紙が実施した調査結果(読者対象)だ。
  「部屋がほこりで汚れる」、「場所を食う」、「入っている人はすぐ横になる」ーこたつが、“じゃけん”にされる理由はこんなところだろう。それにしても「7割」は多くないか。富山県の“様子”をあちこちで聞いた。
          X X X X X X X X X X X
  砺波市の散居村ミュージアム近くに住む団体職員、Aさん宅は、杉やケヤキなどのカイニョに囲まれているが、やはり冬は寒い。家はお年寄り夫婦を含めた6人家族。部屋数は多いが、常時使う部屋は少なくなっており、冬は電気ごたつのある茶の間など2間が中心。10畳以上もの広い部屋では、こたつでは寒さに弱く、石油ストーブをつける。  
  「特に冬は、一家の中心はこたつです。お茶を飲んだり、もちやみかんを食べたり。むろん、近所の人とのおしゃべりも」。「夏はテーブルになって、また、そこが何かと中心になる」。Aさんは、仮にお年寄りがいなくても、こたつは処分しないだろう、と言う。

         “カイニョの家”にこそ似合う?
      
   7割が「おじゃま虫」ってホント?
。   

 

 ã€€ã€€ãƒ¼ãƒªãƒ³ã‚¯å…ˆãƒ¼
 ・フォルツァ総曲輪
 ・7038016791
  ・
group philia
 ・866-862-4056
 ・川村文乃のホームページ
 2013825103
 ・お猿の24時間
 
     
      ー富山市議長の政活費不正ー

 
「送検で初めて分かるなんて…」

 
  「議会改革の旗手」ー。17年4月27日、富山市議会で議長に選ばれた村上和久氏(56歳、4期)に対して、こんな“賛辞”にも似た表現がメディアにも目立った。やる気をうかがわせる氏の言動も市民を引き付けた。
  この2年半後のことし1月30日、それがいわば“虚像”であることが分かった。偽の領収書を使ったりして、政務政活費(以下、政活費)から69万円を不正支出させたとの容疑で送検されたのだ。当初の一連の政活費不正者のリストの中に、同氏の名はなく、まさに晴天の霹靂だった。メディアは“出し抜かれた”形だった。

          
カッコよすぎた?議長
  
  同議長は就任前に自民会派の政調会長に就き、議会内に設置された「政活費のあり方検討会」の座長についた。そして議長に。
  書類送検が判明してからの議長は、開き直りが目立った。(自分への容疑について)、「(捜査する側は)証明するのが難しいかも」と述べたり、当初「疑いのある支出は返す」と言ったことを撤回したりだ。
  送検が判明した翌日、市議会の野党6会派が議長に文書で辞任を求めた。議長の答えはこうだった。「ただちに辞任することは考えていない。検討も考えていない」。
  「これでは居座られる」ー。市民の多くもそう思った。バックには大会派の自民がついている。
  「議長辞任」を求める市民の声は高まった。同時に「メディアはどう考えているのか」との声も。多くのメディアは、こんな時も、「中立」を守ったのだろうか。
  「議長の送検」以来、メディアはかなり強い口調や筆致で非難した。しかし、「議長は辞任を」、あるいは「辞任は免れない」との主張は見られなかった。
  テレビのアナウンサーがニュースの後につける“ひと言”は、時に説得力を持つ。「市民の怒りは今までになく高まっています。いまこそ、議長の去就が注目されています」。-この言い方は放送コードに触れるのだろうか。
  

    「第三者委員会」“出費”360万円の成果は?
       富山市議会、2年目で休止のわけ

  
政活費不正の事前審査に、富山市議会が第三者委員会を設置ー。17年7月、この新聞報道を見た人たちは驚いた。
  「第三者委」と言えば、一般的に不祥事の後に、それを検証するために設けることが多い。学校での「いじめ」などで、どれほど多くのそれが設けられたことか。
  あれほど、大騒ぎをし全国に悪名をとどろかせた「富山の政活費不正」が、再び起こるとは県民の誰も考えない。「政活費を使ってはいけない事項」は、議員の頭に叩き込まれたはずだ。分からなければ事務局に尋ねれば良い。それなのに、市議会の「第三者委」は設けられた。
  「第三者委」の廃止は、本年1月16日、6人の公認会計士側から提案され、ほぼすべての議会会派に承認された。設置費用として会計士側に払った金は360万円。出所が政活費で、「これが目に余ったのでは」、と考える向きもありそうだが、これも税金であることをお忘れなく。


      「基本条例」忘れた?県議会 
      新年度予算でまた「事前審議」


  2月4日、富山県議会で、昔はやった「全員協議会」がほとんど非公開で開かれた。出席者は知事ら県側幹部と自民党議員で、党が申し入れた県予算を両者で、“内定”してしまった。
  KNBは、4日の夕方のニュースで、「新年度予算を審議する議会の前に、自民会派と当局が『19年度県予算の事前調整(審議)』を非公開で開いた。県議会は先に議会基本条例を定めており、議会の透明性を欠くという意見もある」と報道した。
  「事前調整」は自民に続いて、他の会派とも行われた。この場で
決まった予算の項目別金額は、例年、メディアにオープンにされていたが、今回は非公表だった。
  このやり方は、「当局と議会は車の両輪。(とかく時間の掛かる)予算について両者でスムーズに話を詰めたい」と、毎年行われている、いわば“慣行”。
  県議会は30年4月、県議会基本条例を制定した。その6条には、「議会は知事等との機能の違いを踏まえ、互いの役割を尊重しつつ、政策上の論点を提起する(以下略)」と定めている。「事前審議をしない」という明確な一文が必要のようである。
 
      
 
 
  
 
 ã€€940-368-6354
      アール・ブリュットの世界
 ã€€çŸ¥ã‚Œã°çŸ¥ã‚‹ã»ã©
       テレビが身近になる 
 ã€€æ„›ã®ã‚­ãƒ£ãƒƒãƒãƒœãƒ¼ãƒ«
   塀の中のディスク・ジョッキー
  
 ビートルズ歌う介護士のラジオ番組
 1人で手掛けたDr.にグランプリ
 

 ã€€åè»Šã€Œï¼•ï¼‘0」を蘇らせた男たち
    44年間、ますます走っています 
  
  
ゴーン氏、運転席で称賛

 ã€€ã¨ã‚„ま極め女(ひと)
▼「このゆびとーまれ」理事長・惣万佳代子さん
▼KNBニュースキャスター・武道優美子さん
▼「エコロの森」代表取締役・森田由樹子さん 
▼パティシェール・森田玲奈さん
▼救急救命士・山口絵美
 7023186073
    視聴者におもねず、押し付けず
 ã€€ã€€ã€Œæ—¥æœ¬æµ·ã®å‘こうに
      air machine

   
-進展めざましいウラジオストク
 (539) 215-2462
     利賀村山房で創作活動も
 ã€Œå±±ã®æ—¥ã€ã€äººã‚‚メディアも燃えた 
      KNB、BBTは女性キャス
      ターが沢登り、縦走中継
これまでのお勧め記事
 クロマチックハーモニカがやってきた
   コンサートで堂々のリード
     
 ã€€ã€€è¦³å…‰ä¾¡å€¤ã¯ã¦ã•ã¦ã€Œé»’部ルート」
   「年間の客わずか1万人とは」 
 ã€€ã€€323-291-7503
    全便小型化、1日乗客600人
 ã€€ã€€ã€€ã‚„すこさんちの「ふるカフェ」
     コンサートに朗読会、美術展
 
 予算県議会前に当局と「事前折衝」

    議会基本条例に違反?
 ã€€4033400848
    設置率は富山市でゼロ% 
      政府補助受け設置検討
 ã€€3064473859
  
    鉄筋入っていても30年で劣化
   「広い公園泣いています」 
    歩きやすい道 池や広場整備

 ã€€ã€€ã€€ã‚«ã‚®ã¯è­°å“¡åŒå£«ã®è¨Žè«–

   施行された富山県議会基本条例
 ã€€ï¼—5歳、新聞配達捨てたもんじゃない
   
   「見守り」、読み方講習会開催も
 ã€€ã€€ã€€å¸‚町村に「設置要綱」なし
   
    犯罪抑止→防犯カメラ急増
  2TV局に落雷、15時間放送中断 ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€     
      避雷針あったのに…

 
  979-822-5871
  「いい雰囲気」、人気のモーニング
  
 
 
      

▼「高齢者免許取得に3会場」
 (
「前回までは、会場は2つでも1日で終わった」という人から感想が多くありました」)
 高齢者の悲惨な事故が増えているのも大いに気になる。しかし、車に頼らなければならない高齢者がいるのも事実。行政は、その“手当て”を急ぐべき。

▼「神に嫁いだあすなろの木」
 1. あのイベントに賛否両論があることは聞いていて、自分はどちらでもなかったが、ひとまず“安住の地”が神社であったのは良かったのでは。
 2.多くの人が納得できる形だったのでは。

▼「立山・黒部の観光ブランド化」
 1.観光県の名を上げたい県の気持ちは分かるが、“先走り”の感がある。観光大企業の“先兵”にならなければいいが。
 2.大規模な観光破壊になるとと思う。マスコミも“推進派”のように見え、気になる。

▼「クロマチック・ハーモニカがやってきた」
  違え道を進んでもハーモニカが忘れられない、そういう人が何かを成し遂げる。そう感じた。自分も同じハーモニカを持っていたが、挫折。今回、刺激を受けて取り出してみたらその音色の良さに惚れた。再挑戦したい。

▼「壊れないで!クロスランドタワーの基盤」
  高額な部品の値段にびっくりした。あそこは、子どもたちを遊ばせるのに最適な場所。費用をインターネットで募る(クラウドフアウンディグ)方法は考えられないものか。
   
筆者 : 中村義行 富山市在住。元地元新聞社
    に勤務(社会、文化、政治の 各部と黒部支局
)
  Mail : yn-taurus@s4.dion.ne.jp
とやま豆新聞
応募44件、62歳が「最優秀」
”越中ふんどし”ヒントに     半自動「雪鍬」考えた
 
、
「議長辞任」、メディアは “主張”すべきだったのでは   
 富山市近郊の旅館、ホテルには、個室に掘りごたつを備えたところが多く、特にお年寄りには人気だ。個室は多くはなく、掘りごたつの有無を確かめて予約する人もいるという。
  居酒屋でも掘りごたつが人気だ。富山駅近くの居酒屋のブログには「掘りごたつあり」とか「焼き鳥、釜飯を個室の掘りごたつで楽しむ」と書き込んでいるところもある。東京などでは、ビルの屋上の飲食コーナーでテーブル下に掘りごたつを置いている所もあるという。